小学生

親は不安がいっぱいの入学式

こんにちは!昨日は長男の入学式でした。

ついに1年生。この日がやってきました。

長男は自閉スペクトラム症なので、小学校に上がったら周りと合わせることができるのか、友達はできるのか、いじめられないのか、ととても不安でした。

私自身マイナスのことばかり考えてしまう性格なので、どうしても楽観的に考えることができずに、ずっと悩んでいました。

悩んでばかりの母に対して当の本人は、小学校に入学するのが楽しみなようで、前日からワクワク。

入学式当日は、普段より早く起きて自分で着替えて学校に向かう1時間前からずっとランドセルを背負ってスタンバイしていました。

この温度差にびっくりですよね😂

少し早めに小学校に向かうと沢山の子供たち。

少子化なのに長男が通う小学校は5クラスまであるんですよ。

それも1クラス31人。

私が小学生の頃なんて3クラスしかなかったのに😂

すごいですよね。この数にびっくりしてとても緊張していましたが、前日に顔合わせした支援学級の先生が迎えてきてくれて一安心の長男。

事前に顔合わせしておいて本当に良かったです。

そのあとは、ちょっと緊張がほぐれたようで1人でクラスまで歩いていきました。

そして私はというと体育館で子供たちが入場するまで待機。

コロナ禍で保護者は各2名となっていましたが、5クラスあるのでとても多かったですね。体育館がぎゅうぎゅう💦

コロナ禍じゃなかったらもっと多そうですよね。

式も短縮されあっというまに終了しました。

個人的にはずっとこのままでいてほしいな😂

式では、先生たちの紹介があり、長男の担任はベテランの女性の先生でした。

普通の子ならそこまで気にならないですけど、長男の場合だとやっぱり自閉スペクトラム症に理解のある先生がいいので、どうなのかちょっと不安ですね。

見た目はベテランのように見えますが、実際はどうなのか・・。

とマイナス思考の私は色々と不安な入学式でしたが、本人は楽しそうだったので良かったかな😂

まだおきてもいないことに悩むよりは楽しいことを考えた方がいいですよね。

これから先ながーーい学生生活。色々な出来事がおきると思いますが、子供と一緒に頑張っていこうと思います。

まずは入学式でもらった沢山の教科書と勉強道具の名前書きをしなくては😂

 




-小学生

© 2022 子どもと一緒に。