未分類

花束を貰っても嬉しくない理由とは?もし貰うならどんな花束がいいのか!?

結婚記念日、歓送迎会、結婚式・・などのイベントで貰えるものといえば花束。

色鮮やかなお花がいっぱいでその場にあるだけでパッと雰囲気を明るくしてくれる花束。

・・ですが「正直嬉しくない・・」そう思っている人多いのではないでしょうか?

そんな私も母の日には、夫から大きな花束を貰い、嬉しいという気持ちよりはどうするのこれ・・っと思ったものです。

特に女性は花束を貰ったら喜ぶ生き物だと思っている人多そうですよね。

そもそも、どうして花束が嬉しくないのか、その理由を書いていこうと思います。

 

花束を貰っても嬉しくない理由とは?

そもそも花瓶がない

花束を貰って嬉しくない理由として多いのが「花瓶がない」。

花って意外にも高いですし、頻繁に買えるものではないので、普段から花を飾っている家庭ってそうそうないんじゃないかなと思っています。

実際に私の周りにも花瓶を持っている人は少なく、花束を貰ったら、花瓶になりそうな容器に入れて花を飾っているという人が多いです。

花束を貰ったから花瓶を買いに行くのも大変ですし、お金もかかる。

花も数日経つと枯れてしまうので、わざわざ買う必要もないのかなって感じてしまいます。

私も花束を貰ったら、嬉しいという気持ちより花瓶どうしよう・・と思ってしまいます(^^:)

貰った後の手入れが面倒くさい

花瓶問題もそうですが、花束を貰ったらその後のお世話も面倒くさいです。

水を変えないと臭い匂いもしますし、数日経てば花も徐々に枯れていきます。

花のお世話なんて数分で終わるでしょうけど、普段からお花のお世話をしていない人にとっては、この数分が地味に面倒くさいんです。

そのこともあって、毎回花束をもらうたびに、数日で枯らしてしまいます。

多分私と同じように枯らしてしまう人多いと思います。

花束を貰ったあとの帰りが大変(かさばる)

花束をもらう人の多くは、歓送迎会や卒業式、結婚式、というケースが多いと思います。

その帰り道めちゃくちゃ大変ではないですか?

特に徒歩や電車の場合だと、花束が邪魔になったりします。

私の以前働いていた職場で仲のいい同僚からお菓子やプレゼントをもらい、最後に大きな花束を社長から貰った時の帰り道はとても大変でした。

右手に大量に貰ったプレゼントに左手に大きな花束。

バス通勤だったので、お家に着く頃にはヘトヘト。

大きな花束は見た目はキラキラしてとてもキレイですけど、持ち運びには不便ですよね。

花束を持っていると周りからの視線が恥ずかしい

花束を持っていると、何かのイベントなんだろうなとすぐに一目でわかりますよね。

花束が大きければ大きいほど、周りからの視線が恥ずかしい・・。

もし花束を貰うならこういう花束が嬉しい!

個人的にもし花束をもらうならこういう花束がいいなと思ったものを紹介していきます。

花瓶いらずのスタンドブーケ

花瓶入らずのスタンドブーケ!

花束が自立してくれるので、花瓶が必要ないタイプ。

それもエコゼリーといって、お花の栄養素や抗菌剤を含んだ水がゼリー状の吸水剤になっているので、水の交換も必要なし。

お家に帰ってそのままテーブルの上にポンっと飾れるのはとっても楽ちんですよね。

他にも、持ち帰りのことも考えて、手提げ袋もあると、かさばらず目立たず持って帰れるのがいいですよね。

最近はスタンドブーケが流行っているようで、デザインも可愛くて、こういう花束なら貰っても嬉しいですよね。

花束タオル

お花いっぱいの花束をバーンというより、普段使いできる花束タオルも素敵です。

シンプルだけど、大人っぽくこれなら喜ぶ人多そうですよね。

真ん中にある花はドライフラワーなのでお世話をする必要ないですし持ち運びも楽ちん。

ボックス型の花束

ボックス型の花束なら、そのまま飾れますし、なによりコンパクトなので持って帰る時に邪魔にならない。

花束ってわかりにくいので、周りの視線も気にしないので恥ずかしくないです。

 




-未分類

© 2022 子どもと一緒に。