勉強 小学生

勉強で間違うと癇癪を起こしてしまう小1の長男。その対策として今していること

自閉スペクトラム症の小学1年生の長男ですが、勉強で間違えてしまうと癇癪を起こしてしまいます。

怒って物を投げたり、宿題ノートを鉛筆でぐちゃぐちゃにしたり・・。

ひどい時だと1時間以上ずっと怒っていることもあります。

さすがに毎日こんな状態だと親の私も精神的にヘトヘトになります。

怒らないように気をつけていたとしても、イライラして怒ってしまうんですね。

お家だけじゃなくて学校でもそんな感じなので、できるだけ癇癪を起こす頻度を少なくしたい、というか間違っても怒らないようになってほしい!

本を読んだり、専門家に相談したりした結果、現在試していることがあります。

長男が癇癪を起こしてしまう理由

私としては、1問間違ったぐらいで怒るなんて・・って思っていたんですけど、長男曰く、癇癪を起こしてしまう理由があるようです。

  • 1問でも間違うのが許せない
  • 間違うのは”悪い”と思っている

小さな体なのに一丁前にプライドの高い長男・・、間違うのは悪いことだと思っているようで、1問だとしても間違う自分が許せなくなってしまうそうです。

他は全部正解だとしても、1つでも×があるとダメみたいです。

私や夫からしたら、間違いが1つしかないなんて凄いっと思っていましたが・・、考え方によってこんなに変わるのかと驚きつつも、どうしたらこの気持ちの切り替えができるのかと悩む出来事でした。

我が家で行っている方法

本や専門の先生に相談した結果、長男にはこの方法がいいのかな?と思って現在試している方法があります。

勉強する前に「怒りん坊した時はどうする?」と聞いて自分で考えさせる

勉強をする前に「怒りん坊した時はどうする?」と聞き、自分でどうするのか考えさせるようにしました。

今までは、「間違いは悪くない」と言う風に話をしていましたが、長男には全く効果なし。

長男は一丁前に大人並みのプライドがあり、それでいて賢いので、周りがどんなに良い言葉を言ったとしても、自分が納得していなかったら意味がないんです。

なので、どうしたら長男が納得するのか?と考えたら、自分で考えさせるほうが1番いいのかなと。

最初「どうする?」と聞いた時は、わからないと言っていましたが、今は「怒りん坊しそうになったら深呼吸する」と言ったり自分なりに癇癪を起こした時にどうしたら気持ちが落ち着くのか考えるようになってきました。

まだ間違えると癇癪を起こしますが、少しずつ怒りをコントロールしようと頑張っている一面もあるので、もうしばらくこの方法で試しつつ、長男に合う方法を探していこうと思います。

 




-勉強, 小学生

© 2022 子どもと一緒に。