パート

子持ち主婦だとパート受からない?採用されやすい仕事を求人誌で探すコツ

子供がある程度大きくなってパートに出たいけど、面接で「小さい子供がいるという理由で落とされた」ということよくありますよね。

まさに私もそれで何度か落とされてしまいました。

「子供が熱を出た時はどうするの?」

「志望動機より子供のことばかり聞かれて結局は不採用」

こんなことばかり聞かれると、子持ち主婦は働けないのか・・と落ち込んでしまいます。

でも、諦めずに面接をし続けて無事採用してもらい現在は飲食店で働いています。2年になります。

小さい子供がいて働くことはできます。今回は、子持ち主婦のパートの選び方について書いていきます。

子持ち主婦がパートに受からない理由

小さい子供がいると、

  • 子供の病気ですぐに休んでしまう
  • 子供の行事などで休みが多い

など、休みが多いという理由で断るケースが多いです。

会社によっては、ギリギリのスタッフで回しているところもあるので、もし急に休んでしまうとその穴埋めをするために誰かが負担にならないといけません。

中には夫や親が協力的で休みことが少ないという人でも、「子持ちママ=休みがち」というイメージのせいで、落とされてしまうこともあります。

実際私も小さい子供がいると話をすると「急に休まれると困るから」といわれて不採用なったことがあります。

希望する職種だったのであの時はショックでしたが、今となったら、もし働けたとしても子持ちママに理解がない職場だと居づらくなって辞めてしまうだろうから、不採用になってよかったと思えるようになりました。

子持ち主婦が採用されやすい仕事を求人誌で見つけるコツ

子育てママ募集などと記載しているところ

求人誌に子育てママが活躍中・在籍中や産休・育休制度ありと記載されているとことは、小さい子供がいても安心して働ける職場です。

同じような年齢のママが働いているので、採用する時も子供を理由で落とすということはまずないですし、子持ち主婦を雇う前提で書かれていることが多いです。

パート探しのコツとしては、やはり同じように子育て中のママが多い職場を選ぶのが良いです。

職場に託児所があるところ

例えばヤクルトレディの子持ちママが多いです。

ほかにもタクシー会社も託児所付きで子育てママを募集中というところもあります。

そういったところは、もともと子持ちママを採用するためにあるので、小さい子供がいても採用されやすいです。

私の地域だと、数年前にタクシー会社が託児所を作り子育てママを中心に雇っているところもあります。

お昼時間帯を募集しているところ

お昼時間帯を募集しているところは、主婦層が働いているのが多いので、採用されやすかったりします。

もし子持ちママが多い職場がわからないという場合は、募集している時間帯をチェックしてみるのもおすすめです。

仕事を選びすぎないのも大事

私には〇〇の仕事は無理そうだな、〇〇の仕事をしたい、という風に仕事を選んでばかりだと、仕事を見つけるのは難しくなります。

子持ちというだけでも働く時間帯が決まっているので、さらに職種も限定してしまうと働ける場所が減ってしまうので、多少割り切ることも大事かなと感じています。

元々私もWeb関係の仕事をしたいと思って探していますが、働ける時間帯が全く合わず諦めて、絶対にしたくないと思っていたサービス業(飲食店)で働いています。

働いてみると、想像していたイメージと違い、子育てママが多くて働きやすい環境だなと感じています。また接客が苦手な私でも2年も続けていうと慣れてきて今は接客が楽しいと感じるようになりましたよ。

なので、職種は選びすぎずまずはなんでもチャレンジしてみてください。

最後に

小さい子供がいるとパート探しをするのは大変です。

希望の職種が特に決まっていないのなら、どんな職種に就こうかというよりは、この職種は子育てと両立ができるのか?と考えてみるのか考えてみてください。




-パート

© 2022 子どもと一緒に。