小学生

ポケモンカードゲームに続きメザスタにハマる小学1年生の長男

我が家の子供たちはポケモンが大好きで、特に長男はポケモンカードゲームにどハマりしています。

元々、夫の趣味がカード集めで、たまにポケモンカードを長男にあげていたら、ポケモンが好きになり今では夫と一緒にカード集めをしたりカードゲームをするほどハマっています。

新発売のカードが出るたびにポケモンセンターに行ってカードを買ったり、中古屋さんにいってお気に入りのポケモンカードを買ったり・・。

と、お金のかかる趣味を見つけてしまいました。

そんな長男ですが、小学校に上がるとメザスタにハマっている子と仲良くなり、「僕もやりたい!」と言い出したんですね。

ポケモンセンターによく行くので、メザスタの存在は知っておりました。

子供たちがバンバン叩きながら、ゲームをしている様子を何度もみていましたので。

小学生ならゲームにハマってしまう気持ちはわかります。私もゲームが好きなので。

でも、ヤバいのはメザスタで遊んでいる子供たちが持っている箱。その中には大量に入ったメダルらしきものがあるんですね。(メモリータグというそうです。)

それを使ってメザスタをするようで、子供によってはものすごい数のメモリータグを持っているんですね。

あれを見た瞬間、これはハマるとめちゃくちゃお金が飛ぶぞ・・。

絶対あれだけには手をだしてはイカン!と思って避けていたのに、まさかのまさかお友達でハマっている子がいるとは。

そして案の定はまってしまい、ここ最近はずっとメザスタ、メザスタと言っております。

我が家のルールで誕生日以外におもちゃを買う時は、自分のお金で!と決めているので、今のところ自分のお小遣いから使っていますが、もっとハマればお小遣いだけじゃ足りなくなる気がします。

それにしても、メザスタってゲームはよく考えられていますよね。

ポケモンと戦うだけじゃなくて、戦いが終わったらポケモンをゲットできてタグとして出てくるようになっています。

ゲームは100円ですが、ゲットするならプラス100円かかるようになっていて、そのゲットチャンスが何度かあるので、ほしい子はジャンジャンお金を使う仕組み。

長男も欲しい欲しいと言って1回のゲームで500円使いましたよ。

タグがなくてもポケモンをレンタルして戦わせることもできるそうですが、男の子なら絶対に集めたくなりますよね。長男はすでに集めたくなっています。

それもお友達と対戦することもできたりするので、ハマる子はハマりますよね。

色々考えられていますよね〜。この戦略には関心させられますが、親としてはあまりお金のかからないようにしてほしいと思います(^^:)




-小学生

© 2022 子どもと一緒に。