未分類

子供の誕生日プレゼントの面白い渡し方。サプライズな演出で喜ばせよう♪

サプライズ大好きな私は、子供が産まれてから毎年どんな風に子供にプレゼントを渡そうかなと色々サプライズ演出を考えています。

普通に渡すよりは、面白い渡し方をした方が記憶にも残りますし、なにより本人が喜んでくれるので、親としては嬉しいものです。

そこで今回は過去に私が行った誕生日プレゼントの面白い渡し方について紹介していきます。

子供の誕生日プレゼント サプライズな渡し方

ケーキを食べ終わってパーティー最後にプレゼントを渡す

子供には前もってほしいプレゼントを聞いて内緒でプレゼントを購入しておきます。

そして、当日までプレンゼントの話を一切せず誕生日パーティーを始めて、最後らへんに「実は・・」と言う感じでプレゼントをバーンと渡すサプライズをします。

プレゼントは絶対に見つからない場所に隠しておくのがポイントです。

我が家は、車のトランクに隠していましたよ。

プレゼントを見て一気に笑顔になる瞬間がたまりませんね。

宝探しのようにプレゼントを隠して探してもらう

プレゼントの渡し方の定番中の定番、宝探し!

プレゼントを隠して、メモを見ながら探し出す方法。ワクワクしながらプレゼントを探す時の子供の笑顔は最高ですね。

まだ字が読めない頃は、宝(プレゼント)を置いてある場所の絵を描いて、読めるようになった時は、簡単な問題を入れて探してもらっていましたよ。

本人も推理しながら探すのが楽しいようで、終始ニッコニコでした。

最初にダミープレゼントを渡して最後に本命プレゼントを渡す

最初にちょっとした安いおもちゃをダミープレゼントとして渡して、もうプレゼントは終わり、という風に見せかけて本命のプレゼントを渡す方法も大喜びしてくれます。

我が家の場合だと男の子なので、ダミープレゼントはトミカのミニカーでした。

ダミープレゼントは、100円ショップに売っているお菓子の詰め合わせでも良いですよ。

ダミープレゼントを渡した時は一瞬「えっ!?」って顔をしてちょっとしょんぼり気味になるんですけど、その後すぐにお目当てのプレゼントを渡すとものすごく大喜びしてくれます。

期待しているものとは程遠いものの方が喜び度が大きいですね。

部屋の中の誕生日らしく飾り付け

部屋の中も誕生日らしく飾り付けするのもおすすめですよ。

折り紙で手作りするのもいいですが、私は面倒くさがりなので毎年ネットでポチッとしていました。

子供に好評だったのを紹介しますね。

子供が保育園〜幼稚園時代は下のような恐竜や乗り物系の風船を部屋中に飾っていました。

 

こういう↓ババーンとハッピーバースデーと書かれた風船は、かなり喜んでくれるので毎年、いろんなデザインのものをつかっていますよ。

可愛いデザインの風船は、普通の風船に比べてお値段は高いですけど、年に1回なので誕生日だけは奮発して可愛く飾り付けをしています。

 

プレゼントを渡す時はビデオを撮るのもお忘れなく

目で焼き付けるのもいいですけど、時間が経つにつれてその時の記憶って薄れていくので、ビデオを撮るのはおすすめですよ。

誕生日は年に1回、それも大きくなればなるほど、小さかった時のように喜んでくれません!(涙)

うちの子も、保育園生と小学生で比べるとかなーーり大人のような対応になってきたので、毎年ビデオを撮っておいてよかったなと思っています。

1年でこんなに変わるのか〜と子供の成長に驚きます。

可愛い思い出を残すためにもプレゼントを渡す時はビデオを撮るのもお忘れなく!

 




-未分類

© 2022 子どもと一緒に。