パート

子育てとパートを両立させるコツ

パートをしたいけど子育てと両立ができるのか?

慣れない仕事に子供のお世話もとなると両立できるのか不安になりますよね。

私も子供が2人で保育園に通うようになってからパートを始めましたが、最初の頃は慣れるまでとても大変でした。

1日があっという間。

子供とゆっくり過ごす時間がなく、なんのために働いているんだろう・・と思ったことも。

そこから、どうしたら両立できるのか試行錯誤しながら、今は子育てをしながらパートを続けています。

この記事では、

  • 子育てとパートの両立のコツ

について紹介していきます。

子育てとパートの両立でキツイこと

子供との時間が取れない

仕事が終わったら子供たちのお迎え。

そのあとは、

  • ご飯の準備
  • 子供たちのお風呂
  • 明日の学校の準備
  • ご飯食べたら片付け

・・とやることがいっぱい。

気がついたらもう寝る時間で子供たちとゆっくり過ごせずに終わってしまった。

ということがよくあります。

自分の自由時間を確保できない

平日に休みがあっても、この日に家族の予定を詰め込みすぎて、自分の自由時間を確保できない、ということもあります。

子供は可愛いですけど、やっぱり1人になる時間も大事。

自分自身も楽しめないとイライラして子供に八つ当たりしてしまったり・・。

なんで無理して働いているんだろうと悲しくなってしまうことも。

子育てとパートを両立させるコツ

働く時間を短くする

子育てとパートを両立するなら働く時間を短くするの大事なポイントです。

子供が小さい時は、自分でできないことが多く、仕事でヘトヘトに疲れた状態での子供のお世話はとても大変です。

私もパートを始めたばかりの時は、子供が3歳と2歳で手がかかる時期でした。

  • おむつ交換
  • お風呂
  • お着替え
  • 歯磨き
  • 子供たちのご飯のサポート

など、ワンオペでやっていたので、夕飯時間になると体力が0で屍になった状態で動いていました(^^:)

なので、子供が小さいうちは短時間のパートにして余裕を持たせるのも必要かと。

家事の量を減らす(完璧にしない)

家事は完璧にこなさなくてもいいです。

1日にできる時間って限られているので、できるだけ家事の量を減らしていきましょう。

私の場合は、頼れるものは頼るようにしました。

  • 買い物は週に1回まとめ買い、買い足ししたい時はネットスーパー
  • 部屋の掃除は週1まとめてする
  • 洗い物は、食洗機に任せる
  • 洗濯物は、ドラム式洗濯機で乾燥までする
  • 料理は、惣菜・レトルトを使って時短

レトルトを使ったり、〇〇のタレという食材に混ぜるものを使ったりパパッと作れるものにします。

お金はかかりますけど、家事をする時間が減り、その分子供たちとゆっくりする時間が増えたので良かったですし、家事に対してもストレスもだいぶ減りました。

仕事がある日は家事をするのはとても大変なので、頼れるものは頼っていきましょう。

パートナーと家事や育児を分担する

全部1人でやるのは大変なので、パートナーと協力し合うことも大事です。

以前の私は、給料が安い私の方が頑張らないと!と思って何もかも全て1人でやっていましたが、体調を壊したことをきっかけに夫と話し合い、家事や育児を分担することにしました。

▼夫担当

  • 部屋の掃除全般
  • 休みの日の皿洗い
  • 休みの日の子供の宿題

▼私担当

  • 料理
  • 子供たちの送迎
  • 平日の子供の宿題

それぞれ得意不得意があるので、得意なものをするように分けています。

平日は仕事で忙しいので、基本は土日に手伝うことが多いですね。

分担するようになってからは、私も休めることが多くなり、夫婦喧嘩も少なくなったので、話し合うことは大事ですよ。

両立しやすい職場を選ぶ

働く場所によっては、残業が多い、体力を使う仕事・・と色々あります。

例えば残業が多いと、家事や子供との時間が減ってしまいます。

また、体力に自信がないのに体力が必要とする職場で働くと子育てや家事をするのが大変・・ということもあるので、両立しやすい職場選びをするのもポイントになってきます。

子育てとパートの両立するなら手を抜くことも大事

子育てもパートも全て完璧にこなすのは難しいことなので、手を抜けるところは抜いていきましょう。

ネットスーパーや宅食、レトルスや惣菜などを利用してみたり、食洗機やドラム式洗濯機、お掃除ロボットなどのハイテク機械を使って家事を減らしたりするのもいいです。

また、育児や家事を全て1人でするのではなく、パートナーに頼るのも大事。

女の人なら「みてわかるでしょ!」ってことも男の人だと口で言わないとわからない事多いので、話し合いをして育児や家事を分担していきましょう。

多少部屋の中が汚くたって、時間をかけて料理をしなくたって生きていけます。

無理して頑張りすぎて体を壊したら元も子もないので、頼れるところは頼って、手を抜けるところは抜いていきましょう!

 




-パート

© 2022 子どもと一緒に。