放課後等デイサービス

【放課後等デイサービスの探し方】新設したばかりの放デイは入りやすい!・・けど気になる点もある

現在、小1の長男・年長の次男は放課後等デイサービス(放デイ)に通っています。

今の放デイに通うまでに、とても大変でした。

住んでいる地域のデイに片っ端から電話をかけますが、ほぼ待機待ち。そこから挫折し1度諦め半年後にある人の紹介で今の放デイに入ることができました。

その経験から、放デイは新設したばかりのところが入りやすいということがわかりました。詳しく書いていきますね。

新設したばかり(する予定)の放課後等デイサービスは入りやすい!

新設したばかり(する予定)ということで、まだ知名度もなく子供たちが集まっていない状態なので、入りやすいというメリットがあります。

私も相談支援員さんに「来月〇〇に新しくデイがオープンするよ」と教えてもらい、見学に行き決まりました。

今まで見学した放デイには、子供2人同時の空きってなかったので、本当にラッキーでした。

他にも解説したばかりの放デイは色々メリットがあります。

子供が少ないと手厚いサービスをしてくれる

解説したばかりの放デイによっては、子供が集まっていないこともあり、かなーーーーり手厚いサービスをしてくれます。

子供1人に対してスタッフの方が2、3人だったり。

うちの子たちが通っている放デイも子供の人数よりもスタッフの方たちが多かったです。

甘えん坊の次男坊は、大好きな女性のスタッフを独り占めして満足そうでした。

他にも、最初の説明会などもかなーーり時間をかけてくれました。

子供のたちの性格(苦手な事から好きな事)、食べ物の好き嫌いから、どんな遊びが好きなのか、ちょっと学校でトラブルがあった時も、一緒に先生のところに行って話し合いをしてくれたり。

子供たちが過ごしやすいようにスケジュールを組んでくれたりも!

放デイってここまでしてくれるの!?とビックリしていたら、後々、相談支援員さんに「まだ子供たちが少ないからこんなに手厚いんだよ」と教えてもらいました。

手厚いサービスは、新設したばかりあるあるなのかなと。

新設したばかり(する予定)の放課後等デイサービスのメリット・デメリット

メリット

  • 手厚いサービスをしてくれる
  • おもちゃや本などが新品
  • 教室が綺麗
  • 融通を聞いてくれることがある

上の方で書いた、手厚いサービスをしてくれるのと、おもちゃや本などが新品なことが多いです。

そしてなにより、教室の中がとてもキレイ。

本がビリビリに破れているのとか全くなかったです(以前見学した施設はほぼボロボロだった・・)。

デメリット

  • 新設したばかりだから施設の雰囲気がわからない

新設したばかりということあって、施設の雰囲気がわからない点が気になりました。

うちの子たちが見学した時は、まだ子供がいなくて、どんな風に過ごすのか全く想像できませんでした。

どんなに施設が良くても、子供同士やスタッフの方との相性が悪かったら続かないので、新設したばかり(今からする予定)の場合だと、その確認ができないので、判断するのが難しかったです。

私の場合は、スタッフの方に「以前も放デイで働いていたのか?」という事を確認しました。

未経験の方よりもできたら経験者の方が、親としては安心するので・・。

でも、最終的には直感で選びました。

この直感が意外にも当たるもので、どんなに施設内やカリキュラムなどが良くても「なんか違うな・・」と心のどこかで思っていて、実際入ってみたらやっぱりそうだった・・という事ありますよね。(私の場合は保育園がそんな感じでした)

どんな風に新設したばかり(する予定)のデイサービスを見つけるのか?

見つけ方としては、

  • 相談支援員さんに聞く
  • ネットで調べる(検索する・求人誌を見る)
  • 自分の足で探す(近所をウロウロしてみる)

私の場合は、相談支援員さんから「実は・・新しくオープンするデイがあって」と教えてもらい、そこから見学に行き決まりました。

1番は、相談支援員さんの方が情報が早いんですが、まだ相談支援員さんが見つかっていないという方は、

ネットで調べる、自分の足で探す、の2パターンかな。

ネットで探す場合、放デイがまとめられた施設検索サイトもありますが、新設したばかりだとまだ掲載されていない場合があるので、「〇〇(地域名) 放課後等デイサービス」という風に検索してみるのが良いかと。

他にも、オープン予定のデイによっては、求人誌で募集する事があるので、住んでいる地域の求人誌を見る方法もあります。

どういう人材を募集しているのか、とその放デイの特徴がわかりますし、給料が安すぎたり、待遇が微妙だったら、入れ替わりが激しそうだな、とちょっとした裏事情もわかったり・・。

最後に、近所をウロウロして新しくオープンする施設を見つける方法もあります。

何か新しいお店を建てているな〜と思ったら放デイだったりすることもあるので、ちょっと意識して見てみてください。

 




-放課後等デイサービス

© 2022 子どもと一緒に。