パート

【主婦の短期パートの探し方】メリットデメリットも紹介

  • 短期のパートをしてみたいけどどこで探したらいいの?
  • 短期パートが見つからない

短期のパートをしてみたいけど、どんなふうに見つけたらいいのか悩みますよね。

短期なら自分の好きなタイミングで働けますし、人間関係に悩まなくていいので働きやすかったりしますよね。

そこで今回は、短期パート経験者の妹から教えてもらい、短期パートの探し方を紹介していきます。

妹は、コールセンター、イベントスタッフ、お歳暮の梱包・・と色々な短期パートをしている経験者です。

短期パートの探し方

短期パートの探し方は2つあります。

  • 派遣会社に登録をする
  • 求人サイトで探す

詳しく紹介していきます。

派遣会社に登録をする

派遣会社に登録して短期パートを紹介してもらう方法があります。

求人サイトにはない、派遣会社しか持っていないような求人もあるので、登録しておいたほうがいいです。

妹も派遣会社で3ヶ月の短期パートをしていましたが、かなーーり時給が高く最高だったと言っていました。

羨ましいですよね〜。

あとコールセンターも短期で募集することが多いです。

タイミングが合えばそのまま長期契約もできたりしますよ。

求人サイトで探す

求人サイトにも数多くの短期パートの募集があります。

短期パートの場合、他の求人に比べて募集してる数が少ないので、見つけるのが大変です。

なので、おすすめとしては、大手の求人サイトがまとめて入っているようなサイトを利用するのがいいです。

地元の求人誌よりは、圧倒的に求人数も多いですし、検索機能も細かく条件設定ができるので探す手間がかかりません。

おすすめの求人サイト

おすすめ求人サイト

アルバイトEX→しゅふJOBなど大手の求人サイト20社と提携しているので、このサイト1つでまとめて検索可能

マッハバイト→細かい検索機能でより自分に合う求人が見つかる

短期パートはイベントの多い時期に探すのもおすすめ

短期パートをするならイベントのある時期に探すのがおすすめです。

クリスマスならクリスマスケーキ作りや梱包、販売。

お盆の時期ならお歳暮の梱包や販売。

歌手のコンサート会場スタッフ。

最近だとワクチン会場の受付も募集しています。

ただイベントの時だと土日が休みじゃない場合もあるので要注意です。

短期パートのメリット

こちらも短期パート経験者の妹に聞いてみました。

自分の働きたい時に働ける

1番の理由は自分の働きたい時に働ける!

妹は、小学生の子供を学童に入れていないので、夏休みや冬休みなど長期の休みの時に仕事ができないそう。

そのため、自分の働きたい時に働ける短期のパートが1番自分に合っているといっていました。

確かに短期パートの場合だと、自分の働きたい時期に合わせて働けるので、子供たちのリズムに合わせやすいですよね。

時給が高い

長期で働く求人に比べて短期の場合だと時給も比較的高いのが多いです。

短く働く分、給料は多めにほしいですもんね。

人間関係に悩まない

短期なので働いている人同士、いい感じの距離感だそうです。

たとえ苦手な人がいたとしても、働く期間が決まっているので、その間だけ割り切って仕事もできますしね。

短期パートのデメリット

デメリットについても聞いてみました。

毎回仕事を覚えるのが大変

短期パートの場合、毎回新しい場所に行くので、仕事を覚えるのが大変。

なので、妹の選ぶ基準としては、以前働いたことのあるパートと似たような仕事内容のところで働くようにしているそうです。

仕事探しが大変

契約が終了するたびに新しいパート先を探すのが大変。

求人サイトで探して応募しての繰り返しなので、手間がかかりますね。

子育てで忙しい主婦こそ短期パートおすすめ

長期パートに比べて短期パートだと子供の学校リズムに合わせて働くことができるので、子供との時間を作りたいと言う方にはおすすめですい

夏休みや冬休みは子供たちに合わせて仕事をOFFにすることもできますし、学校にっている間だけ働くことが可能。

仕事を探す手間はかかりますけど、長期に比べて働く時間を自由に決めれるのがいいところですよね。

妹も普段は子供の用事で忙しくしているので、短期でガッと稼いで、長期休みはゆっくり子供と一緒に過ごす。という風にしていますよ。

▼短期パートを探す時は下記のサイトを参考にしてみてください。

おすすめ求人サイト

アルバイトEX→しゅふJOBなど大手の求人サイト20社と提携しているので、このサイト1つでまとめて検索可能

マッハバイト→細かい検索機能でより自分に合う求人が見つかる




-パート

© 2022 子どもと一緒に。