パート

パート退職時にお菓子を渡さないのはNG!?必要ない場合もある!

パートを辞める時にお菓子を渡さないのはマナー的にはNGなのか気になりますよね。

働いている期間が短かったり、お世話になったと思っていない・・など色々思うところがあると渡さなくてもいいのでは?なんて思いますよね。

そこで今回は、パート退職時にお菓子を渡さないのは非常識なのか、私の体験談も一緒に書いていきます。

パート退職時にお菓子を渡さないのは非常識なのか?

パートを辞める時にお菓子を渡す理由としては、

  • お世話になったから
  • 感謝の気持ちで

という気持ちから持っていくものなので、渡さないから非常識というわけではないです。

とはいえ、退職時にお菓子を渡す人が多いので、渡さないで辞めるのはちょっとな・・と悩んでいる方もいると思います。

私の体験談を元に、どういう時にお菓子を渡さなくてもいいのか紹介していきます。

退職時にお菓子を渡さなくても良いケースもある

働いた期間が短い

数日や数ヶ月の短期パートの場合なら退職時にお菓子を持っていく必要はないと感じています。

私の場合は、半年以内で辞めるのなら渡さないです。

短期間だと人間関係もそこまでできていないですし、退職時にしっかりお礼を伝えるだけで大丈夫です。

逆に短い期間なのにわざわざ持ってきたの!?とビックリされるかも。

職場の人と仲良くない

働いている期間は長いけど、職場の人と仲良くない。というか嫌いだ!というならわざわざお菓子を渡す必要はないと感じています。

お菓子だって高いですし、お金もったいないですもんね・・。

退職時にしっかりお礼を言ってキッパリさよならしましょう。

お菓子を渡したくないと思っている

そもそもお菓子を持っていきたくない、そう思っているのなら渡さなくても良いです。

最初の方でも書いていますが、お菓子を持っていく理由としては、お世話になったからとか感謝の気持ちで渡すものなので、渡したくないという気持ちがないのであれば、持っていく必要はないです。

退職の最後にお世話になりましたとお礼をするだけでも印象は違いますよ。

お菓子を持っていくのは「渡したい」と言う気持ちが大事

退職時にお菓子を渡す・渡さないかは人それぞれ答えが違うので、正直難しいですよね。

私の経験上、

  • 働いた期間が長い
  • 人間関係がよかった
  • お世話になった

・・など少しでも感謝の気持ちがあるのなら渡すようにしています。

逆に人間関係・労働環境が最悪というのであれば、渡す必要はないかと思っています。

実際に私もそういう環境で働いた職場では、最後に「おせわになりました」とあいさつするぐらいで終わりました。

ぶっちゃけ、退職した人からお菓子を期待する人ってそうそういないと思うので、そこまで気にすることもないかと。

1番は、自分の気持ちに正直になるのが良いですね。

別に渡さなくても良いのなら、渡さない。

渡した方が良いのかな、と思うのなら渡す。

自分の気持ちが納得する方で決めるのがいいと思いますよ。

 




-パート

© 2022 子どもと一緒に。